配合されている成分は日本初?!

さて、艶つや習慣について副作用的なものがないのか、ざっくりとした使用方法、効果を実感するにはどうしたらいいのか?などをご紹介してきましたが、ここからはもっと掘り下げていきますよ♪

今回は艶つや習慣に配合されている成分についてご紹介します。
まず、艶つや習慣に配合されている主要成分は以下の通りとなります。

・杏子エキス
・ハトムギエキス
・プラセンタエキス
・アロエベラ
・ヒアルロン酸

これら5つの主要成分でも特に注目していただきたいのが「杏子エキス」と「ハトムギエキス」です。

早速、ご紹介していきます!

◎杏子エキス◎
気になって仕方がないポツポツをケアするために欠かせないのが、バリア機能の向上です。
杏子エキスとは杏子の種の中にある「仁」から抽出された植物性オイルで、ターンオーバーをサポートする脂肪酸のパルミトレイン酸が含まれているんです。
実は我々の体内にはパルミトレイン酸はもともとあるものなのですが、年齢を重ねるとともに減少してくるのが、パルミトレイン酸の特徴なんです。
その、パルミトレイン酸を杏子エキスから補うことで、お肌のバリア機能を高めてくれます。

◎ハトムギエキス◎
ハトムギエキスは漢方やお茶としても有名なものですよね!
ハトムギは昔からお肌をきれいにする効果があるといわれているそうです。
年齢を重ねるにつれ、カサカサゴワゴワして硬くなってしまう角質・・・そして、代謝の低下によってザラザラになってしまったお肌・・・
これらを解決してくれるのがハトムギエキスです。
また、ハトムギエキスには保湿力の高いアミノ酸が多く含まれているため、お肌の潤いを保ち、滑らかなお肌を実感することが出来る成分です。

◎プラセンタエキス◎
こちらは美容界では女王といっても過言ではないほど有名になっていますね。
近年ではサプリメントとして内側からも摂取できるようになってきています。

◎アロエベラ◎
アロエは昔から傷口に塗ったりすることで有名な植物で、身体の外側と内側の両方からアプローチをかけてくれる成分です。

◎ヒアルロン酸◎
ヒアルロン酸は我々の体内に常に存在し、細胞と細胞の間にある成分ですが、これもまた年々減少していく成分です。
そのため、保水力を高めるためには欠かせない成分となります。

いかがでしょうか?
これらの成分はすべて、イボの対策には欠かせない成分です。
杏子エキスとハトムギエキスでお肌を柔らかくし、プラセンタエキスやアロエベラ、ヒアルロン酸で足りない成分を補うことで、イボが取れ、きれいなお肌へと導いてくれるわけです☆

実は杏子エキスとハトムギエキスの両方が配合された商品というのは艶つや習慣が初めてなんだそうです!
これはかなり期待できそうな商品ですよね♪
というよりは、かなり期待できますよ^^

筆者は主人と一緒に使用していますが、イボがなくても使いたくなるようなスキンケア商品となっています。
ぜひ、興味のある方は試してみてください!

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。